修正:グループポリシーエラー0x800704ecによってブロックされたWindows Defender

Windows Defenderをオンにしようとすると、オフのままになり、次のメッセージが表示されることがあります。

このプログラムはグループポリシーによってブロックされています。詳細については、システム管理者にお問い合わせください。(エラーコード:0x800704ec)

このエラーメッセージでは、Windows Defenderをオンにすることはできません。

ソフトウェアとオペレーティングシステムはこのように意図的に設計されているため、これは実際には問題ではありません。この理由は、ウイルス対策ソフトウェアが現在コンピューターにインストールされていてアクティブであり、ソフトウェア操作の競合を回避するために、ウイルス対策ソフトウェアがWindows Defenderを自動的に無効にするためです。次の方法は、この問題を解決する方法の手順を示しています。

方法1:基本的なアンインストールソリューション

この問題は、コンピュータからウイルス対策プログラムまたはソフトウェアをアンインストールするだけで解決でき、Windows Defenderをシステムの唯一の保護ソフトウェアとしてアクティブにします。これを行うには、以下の手順に従います。

  1. ホールドWindowsキーを押しRを
  2. appwizと入力します。cplを押してEnterキーを押します
  3. アンインストールするアンチウイルスプログラムを検索してクリックします
  4. [ アンインストール]を選択します。
  5. ソフトウェアをアンインストールするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい]を選択して追加のプロンプトを確認します。
  6. プログラムのアンインストールを完了するために再起動する必要があることをシステムが要求したときに[はい]を選択して、コンピュータを再起動します。または、キーボードのWindows キーを押して、電源オプションから[ 再起動 ]をクリックします

上記の手順でアンチウイルス/スパイウェアまたはその他のセキュリティプログラムをアンインストールできない場合は、このガイドに従ってアンチウイルスを削除してください

これで、Windows Defenderが有効になり、実行されます。オンになっていない場合は、オンになっていることを確認してください。オンになっていることを確認するには、次の操作を行います

  1. Windowsキーを 1回押す
  2. コントロールパネルを選択
  3. 右上隅にある検索バーに「Windows Defender」と入力します
  4. Windows Defenderを選択します
  5. それがオンになっていることを確認してください。

上記の手順で問題が解決しない場合は、以下の方法2を使用して問題をすぐに修正してください。

方法2:高度なレジストリ編集ソリューション

ごくまれに、方法1が問題の解決に失敗する場合があり、この方法では、レジストリキーを変更して状況を改善することにより、即座に修正できます。一部のユーザーはこの手順をより複雑に感じるかもしれませんが、以下の手順は、プロセスをできるだけ簡単にするために分割されています。

  1. ホールドWindowsキーを押しRを
  2. タイプregeditを。exe入力してEnterキーを押します。許可を求められたら[ はい]を押します

  3. HKEY_LOCAL_MACHINEをダブルクリックします(左側のペインから)。
  4. ソフトウェアをダブルクリックします(左側のペインから)
  5. (左側のペインから)[ ポリシー ]をダブルクリックします
  6. Microsoftをダブルクリックします(左側のペインから)。

  7. (左側のペインから)Windows Defenderを選択します
  8. 右側のペインからDefaultという名前の項目をダブルクリックします

  9. 表示された新しいボックスに値0を入力します
  10. OKを押します

  11. Windowsキーを 1回押します
  12. コントロールパネルを選択
  13. 右上隅にある検索バーに「Windows Defender」と入力します
  14. Windows Defenderを選択します
  15. それがオンになっていることを確認してください。

上記の手順で問題が解決しない場合は、これを試してください

  1. 上記の1〜6の手順に従ってください
  2. Windows Defenderをダブルクリックします
  3. DisableAntiSpywareを選択します。
  4. 右側のペインからDefaultという名前の項目をダブルクリックします
  5. 新しいボックスに値0を入力し、[ OK]を押します
  6. 次に、11から15の手順に従ってWindows Defenderをオンにし、機能するかどうかを確認します。

方法3:ローカルグループポリシー

場合によっては、Windows Defenderとシステム自体に問題はないかもしれませんが、Windows Defenderがローカルグループポリシーから無効にされている場合があります。(無効になっている場合は)ローカルグループポリシーウィンドウから設定を簡単に確認および変更できます。

  1. ホールドWindowsキーを押しRを
  2. gpeditと入力します。mscEnterキーを押します

  3. ダブルクリックして[管理用テンプレートには、下にあるコンピュータの構成(左ペインから)
  4. (左側のペインから)[ Windowsコンポーネント ]をダブルクリックします。

  5. (左側のペインから)[ Windows Defender]をクリックします
  6. [ Windows Defenderをオフにする ]をダブルクリックします(右側のペインから)。

  7. 有効になっていないことを確認してください。[ 未構成]をクリックして[ 適用]を押し、[ OK]を選択します

次に、Windows Defenderをオンにして、同じエラーが発生するかどうかを確認します。

方法4:Windows Defenderを有効にする

コンピューターに他のウイルス対策ソフトウェアがインストールされておらず、Windows Defenderをオンにできない場合は、無効になっている可能性があります。Windows Defenderを有効にするには、以下の手順に従ってください。

  1. ホールドWindowsキーを押しRを
  2. タイプサービス。mscEnterキーを押します
  3. Windows Defenderを見つけてダブルクリックします
  4. 確認してくださいスタートアップの種類があるの自動(スタートアップセクションのドロップダウンメニューを開いて)とWindows Defenderのサービスは([スタート]ボタンをクリックすることによって)オンになっています。