修正:Java仮想マシンを作成できませんでした

一部のユーザーは、Javaを使用しているアプリケーションを起動しようとしたときに、Java仮想マシンを作成できませんでしたエラーに遭遇しています。この特定の問題は、MinecraftおよびJavaを中心に構築された他のいくつかのアプリケーションで発生すると報告されています。

Java仮想マシンを作成できませんでした。 エラー:致命的な例外が発生しました。 プログラムは終了します。

「Java仮想マシンを作成できませんでした」エラーの原因は何ですか?

さまざまなユーザーレポートと、同じエラーメッセージを解決するために使用したトラブルシューティング戦略を調べて、この特定の問題を調査しました。彼らの結論に基づいて、この特定の問題を引き起こすいくつかのシナリオがあります:

  • Javaが間違った引数またはオプションによって呼び出されます –これは、自家製のアプリケーションを実行している場合、またはシステムが不安定になることがわかっているオープンソースアプリケーションを開こうとした場合に発生する可能性があります。
  • Javaグローバル最大ヒープメモリの容量が十分ではありません –この特定のエラーが発生する最も一般的な原因の1つは、システム変数として設定されている最大ヒープメモリサイズよりも大きい最大ヒープメモリサイズでJavaアプリケーションを起動しようとした場合です。
  • Java実行可能ファイルまたはアプリケーション、あるいはその両方には管理者特権が必要です –これは、正しく機能するために管理者アクセスを必要とするアプリケーションで発生する可能性があります。

現在、「Java仮想マシンを作成できませんでした」エラーを解決する方法を探している場合、この記事ではいくつかの検証済みのトラブルシューティング戦略を提供します。以下に、同様の状況の他のユーザーが問題を解決するために使用した方法のコレクションがあります。

最良の結果を確実にするには、特定のシナリオのエラーを解決するのに効果的な方法が見つかるまで、以下の方法を記載されている順に実行してください。

方法1:システム変数に_JAVA_OPTIONSを追加する

影響を受けるほとんどのユーザーは、_JAVA_OPTIONSと呼ばれるJava用のシステム変数を作成し、その値をXmx512Mに設定することで問題を解決できました。これにより、Javaのグローバル最大ヒープメモリサイズが設定されます。

これにより、起動したJavaアプリケーションの最大ヒープメモリサイズが、システム変数として設定されているサイズよりも大きいために発生するエラーメッセージが解決されます。同じ問題が発生した複数のユーザーから、以下の手順を実行した後に問題が完全に解決されたと報告されています。

グローバル変数の最大ヒープメモリサイズを拡大するために、システム変数に_JAVA_OPTION Sエントリを追加するには、次のことを行う必要があります。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行 ]ダイアログボックスを。次に、「sysdm.cpl」と入力してEnterキーを押し、[ システムのプロパティ]画面を開きます。
  2. [ システムのプロパティ]画面内で、[ 詳細設定 ]タブに移動し、[ 環境変数 ]をクリックします
  3. では環境変数のウィンドウ、をクリックして新しい(下のシステム変数)。
  4. [ 新しいシステム変数]ウィンドウで、変数名_JAVA_OPTIONSに、変数値を– Xmx512Mに設定し、[ OK ]をクリックして変更を保存します。
  5. 以前に開いたウィンドウを閉じ、マシンを再起動して変更を適用します。
  6. 次回の起動時に、Java仮想マシンを作成できませんでしたというエラーが表示されていたアプリケーションを開き、が正しく機能しているかどうかを確認します。
_JAVA_OPTIONSというシステム変数を作成し、値Xmx512Mを割り当てます。

それでもアプリケーションの開始時に同じエラーメッセージが表示される場合は、「%\ USER PATH \ Java \ jdk1.6.0_39 \ bin」のようなJava Binパスを環境変数に追加してみてください。上記の方法とそれが機能するかどうかを確認します。

方法2:管理者権限でjava.exeを開く

同じ問題の解決に苦労しているいくつかのユーザーは、メインのJava実行可能ファイル(java.exe)を管理者権限で強制的に開いた後に問題を解決することに成功しました。

一部のユーザーは、メインのJava実行可能ファイルと、エラーメッセージを表示しているアプリケーションの実行可能ファイルの両方にこの修正を適用した後、問題を解決できたと報告しました。

全体のクイックガイドを次に示します。

  1. ファイルエクスプローラーを開き、Javaインストールの場所に移動します。メインのJava実行可能ファイル(java.exe)の場所に到達する必要があります。デフォルトでは、Program Files / Java / * JREビルドバージョン* / binにあります。正確な場所は、使用しているJavaランタイム環境によって異なります。java.exeの場所に移動します

    注: Javaをカスタムの場所にインストールした場合は、代わりにカスタムの場所に移動してください。

  2. java.exeを右クリックし、[ プロパティ ] を選択します。次に、[ 互換性 ]タブに移動し、[ このプログラムを管理者として実行する]に関連付けられているチェックボックスをオンにします([設定]の下)。[ 適用]をクリックして変更を保存します。[互換性]タブに移動し、[このプログラムを管理者として実行する]を有効にします
  3. アプリケーション実行可能ファイル(エラーをトリガーしているもの)を右クリックし、同じ手順を繰り返します。互換性>管理者としてこのプログラムを実行>適用
  4. アプリケーションを実行し、エラーメッセージが解決されるかどうかを確認します。

方法3:Javaを再インストールする

場合によっては、Javaが正しくインストールされていないか、そのインストールが時間の経過に伴って破損した可能性があるため、エラーがトリガーされます。したがって、このステップでは、Javaを完全にアンインストールした後に再インストールします。そのため:

  1. 押してWindowsキー+ Rは、プロンプトの実行を開き、「のAppwiz.cpl」を入力します。
  2. Enterキーを押すと、プログラムと機能の画面が開きます。
  3. [ プログラムと機能]画面で、Javaが見つかるまで、インストールされているアプリケーションのリストをスクロールします。
  4. それを右クリックして「アンインストール」を選択し、システムから完全に削除します
  5. 最初に、プライマリJavaインストールを削除します。その後、アップデートや他のバージョンなど、他のすべてのJavaインストールも削除する必要があります。
  6. すべてのインストールをアンインストールした後、コンピューターを再起動します。
  7. 起動後、このリンクにアクセスして、JREの最新バージョンをダウンロードしてください。
  8. 問題が解決しないかどうかを確認します。
  9. それでもエラーが解決しない場合は、ここから最新バージョンのJDKをダウンロードしてインストールします。

    注:すでにJDKを使用している場合は、バージョンを変更するか、JDKとともにインストールされているJREをアンインストールしてください。

  10. 問題がまだ存在するかどうかを確認します。

方法4:コードでエラーを修正する

このエラーの背後にはさまざまな理由があり、コードに特定のエラーがある場合はそのいくつかが含まれます。以下にハイライトします。

  • ハイフンの削除:一部のユーザーは、コード内の二重ハイフン「–」を単一のハイフン「-」に変更することでエラーが修正されたと指摘しました。例えば:

    コードを変更する

    「sony @ sony-VPCEH25EN:〜$ java –version

    Picked up JAVA_TOOL_OPTIONS: -javaagent:/usr/share/java/jayatanaag.jar

    Unrecognized option: –version

    Error: Could not create the Java Virtual Machine.

    Error: A fatal exception has occurred. Program will exit.”

    To

    [email protected]:~$ java -version

    Picked up JAVA_TOOL_OPTIONS: -javaagent:/usr/share/java/jayatanaag.jar

    Unrecognized option: –version

    Error: Could not create the Java Virtual Machine.

    Error: A fatal exception has occurred. Program will exit.”

  • Also, Try removing the following line from your argument

    -Djava.endorsed.dirs=”C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 8.5\endorsed”

  • Open your eclipse.ini file and make sure that you add the “-vm” entry above the vm args otherwise, JVM V6 will be selected in env vars.
  • If on Ubuntu, you should know that Java 8 is the only version that is supported. Therefore, using the third method. Uninstall Java, and install the previous version.

Method 5: Editing Eclipse.ini File

We can also tweak things inside the Eclipes.ini File to get rid of this issue. There might be a couple of issues with its configuration that need to be addressed therefore, we have divided it into separate issues. Follow the one which suits your scenario the best.

Lowering Memory Use

  1. Open the Eclipse.ini file inside the Eclipse folder with notepad.
  2. Find the line similar to “-Xmx256m” (It might be -Xmx1024m or -Xmx 512m).
  3. Now change the default value to a more reasonable figure depending upon the RAM installed on your computer and add the version number to it as well. For Example:
    -Xmx512m -Dosgi.requiredJavaVersion=1.6 OR -Xmx512m -Dosgi.requiredJavaVersion=1.7 OR -Xmx512m -Dosgi.requiredJavaVersion=1.8
  4. Also, try removing the “256m” value from the “-launcher.XXMaxPermSize” line.
  5. Check to see if the issue persists.

Tinkering Around

  1. Try to remove the following lines from your file.
    -vm P:\Programs\jdk1.6\bin
  2. Also, change the following lines.
    set -Dosgi.requiredJavaVersion=1.5 TO set -Dosgi.requiredJavaVersion=1.6
  3. Also, try adding the following line above “-vmargs!” line.
    -vm C:\Program Files (x86)\Java\jre6\bin\javaw.exe
  4. Also, point to JVM.dll using the following line.
    -vm C:\Program Files\Java\jre7\bin\client\jvm.dll
  5. Open the Eclipse file and replace “-vmargs” with the path of javaw.exe. For Example:
    -startup plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.3.0.v20120522-1813.jar --launcher.library plugins/org.eclipse.equinox.launcher.win32.win32.x86_1.1.200.v20120522-1813 -product com.android.ide.eclipse.adt.package.product --launcher.XXMaxPermSize 256M -showsplash com.android.ide.eclipse.adt.package.product --launcher.XXMaxPermSize 256m --launcher.defaultAction openFile **-vm “c:\Program Files\Java\jdk1.7.0_07\bin\javaw.exe”** -Dosgi.requiredJavaVersion=1.6 -Xms40m -Xmx768m -Declipse.buildId=v21.1.0-569685
  6. Also, you can place the following line at the end and check if that works.
    -vmargs -Xms40m -Xmx512m -XX:MaxPermSize=256m
  7. Furthermore, try removing the following lines from the eclipse.ini and check if that works.
    -XX:+UseStringDeduplication -XX:+UseG1GC
  8. eclipse.iniファイルを削除しても問題が解決しない場合は、eclipse.iniファイルを削除してみてください。必要な場合に備えて、最初にバックアップしてください。また、Javaを起動する前に、電力を大量に消費するアプリケーションをすべて閉じて、適切なリソースが利用可能であることを確認してください。

JDK破損のチェック

  1. 「Windows」+「R」を押して実行プロンプトを開き、「cmd」と入力します。
  2. 次のコマンドを入力して、エラーが発生するかどうかを確認します。
    c:\> java -version
  3. エラーが発生する場合は、JDKを完全に再インストールします。